面接でどもりがでる時の対処法について

【吃音改善】無料メール講座
私がどもらずに喋れるようになれた経緯を交えてお送りする吃音改善メール講座です。

面接でどもりがでる時の対処法について

就職する時に必ずあるのが面接ですね。

 

 

面接では誰もが緊張すると思いますが、
さらにどもりで悩んでいるという人もいるでしょう。

 

どもりがとなって、
上手くしゃべることができずに
面接が不利になるのを心配している人もいるのではないでしょうか?

 

 

 

普段からあがり症や赤面症の人の場合には、
面接のような大事な場面でことがあります。

 

 

面接では、どもりがあるかどうかを見ているわけではありません。
面接官は、その人がどういう考えを持っているかなどを聞きたいのです。

 

 

さらに、自分にはどもりがあるということを
面接官に先に告白するのも一つのやり方です。

 

素直に自分のことを伝えるのも
正直さ、素直さをアピールできて好印象と評価されることがあります。

 

相手に自分のどもりをわかってもらって面接を進めていくと、
自分としても本来の状態で話すことができるかもしれません。

 

 

他には、話すことが苦手だという人は、
なるべく聞き手側に徹するというのもいいでしょう。

 

 

面接ではこれはあまりオススメしませんが、
や説明会などで聞き手になると評価されることもあるようです。
自分なりに上手にアピールしていけるといいですね。

 

 

 

【無料】どもり改善メール講座

どもり・吃音で悩んでいる方に読んでいただきたいメール講座を開催中です。


私自身の体験談も含むため具体的な内容は
個別にメールでお届けしています。


詳しくは下記の画像をクリックして下さい
メール講座


>こちらをクリック