言葉がどもるのは失敗を恐れているから

【吃音改善】無料メール講座
私がどもらずに喋れるようになれた経緯を交えてお送りする吃音改善メール講座です。

言葉がどもるのは失敗を恐れているから

最近、言葉がどもるという人が増えてきているようです。
現在日本では、約1%くらいの人が言葉がどもると人がいるというデータがあります。

 

 

言葉がどもるというのは、言語障害の一つと考えられますが、
遺伝やストレスなどが大きく関係していることもあると言われています。
しかし、具体的な原因などは医学的にまだ解明されていません。

 

 

言葉がどもることは、大人にも子供にも見られます。
特に大人の人は、社会に出ていろいろな場面で話す機会が多くなります。

 

 

例えばあがり症の人などは、
このような時にストレスを感じてしまい、言葉がどもることがあるようです。

 

 

あがり症など、人前で話すとあがってしまったり、
普段どおりにしゃべることができなくなるのは、
訓練次第で改善できます。

 

 

「失敗したらどうしよう…」という不安があるのは誰でも同じです。
単純に場数を踏んでいけば、緊張しなくなるものです。
数をこなせば、精神的負担も軽くなり、徐々に普段どおりに話せるようになります。

 

 

ですので、どもりも精神的な不安から来ている場合が多いので
人前で話す機会を増やして、失敗を怖がらずに堂々と話せるようになれば
改善できるようになります。

 

 

 

【無料】どもり改善メール講座

どもり・吃音で悩んでいる方に読んでいただきたいメール講座を開催中です。


私自身の体験談も含むため具体的な内容は
個別にメールでお届けしています。


詳しくは下記の画像をクリックして下さい
メール講座


>こちらをクリック