どもりと滑舌が悪いことは関係ある?

【吃音改善】無料メール講座
私がどもらずに喋れるようになれた経緯を交えてお送りする吃音改善メール講座です。

滑舌が悪い原因は口周りの筋肉が使えていないため

どもりは、
言葉が思い通りに出てこないというコミュニケーション障害です。

 

 

小さな子供の場合には、
滑舌が悪いと言って周りからからかわれてしまうかもしれません。

そうすると相手から言われることを恐れて、
余計どもりがひどくなってしまう場合もあります。

 

 

どもりで滑舌が悪いのは、
口の周りの筋肉が正しく使われていないことが考えられます。

口がちゃんと開いていなかったり、
舌を上手に使えていなかったりすると滑舌が悪いと感じるでしょう。
口の周りの筋肉を鍛えて、
正しい発音になるよう練習しましょう。

 

 

またどもりは、
話す時の緊張感が強いと滑舌が悪くなることがあります。

大勢の前でスピーチしたりするときには緊張しますね。

 

 

どもりには心理的な要因が関係している場合もあります。
滑舌の練習をしてもなかなかどもりが治らないという時には、
心の緊張が原因かもしれません。

 

 

緊張感などは場数をこなしていくことで改善できますので
そういった機会を増やしていって慣れていくことが大事です。

 

 

【無料】どもり改善メール講座

どもり・吃音で悩んでいる方に読んでいただきたいメール講座を開催中です。


私自身の体験談も含むため具体的な内容は
個別にメールでお届けしています。


詳しくは下記の画像をクリックして下さい
メール講座


>こちらをクリック