どもりを治すトレーニングのポイントはコレ

【吃音改善】無料メール講座
私がどもらずに喋れるようになれた経緯を交えてお送りする吃音改善メール講座です。

どもりを治すトレーニングは怖がらずに話すことがポイント

どもりを治療するために、
発音や滑舌のトレーニングをする
という方法があります。

 

 

自分が話すとどもりが出てしまうということがコンプレックスになって、
人前で話すのができなくなってしまいます。
そうなると話す機会がなくなってきて、
さらにどもりがひどくなることもあるでしょう。

 

 

少しでもいいのでなるべく話すというトレーニングをすることが大事です。
本を音読で読んでみたり、独り言でもいいでしょう。
発音するということを少しづつ意識してみてください。

 

 

トレーニングをする時には、
どもりを治したいと考え過ぎてストレスにならないようにしましょう。

どもりはストレスが関係していることもありますので、
なるべく精神をリラックスさせてトレーニングしていくことが大切です。

 

 

自分が苦手だと思っている言葉や文章を、
意識せずに読むことを心がけましょう。

 

 

どもりやすい言葉を意識するのではなく、
話したり声を出すということに怖がらないようにしていくことが大事です。
発音をトレーニングしていくことで、
楽しく話せるようになっていきますよ

 

 

【無料】どもり改善メール講座

どもり・吃音で悩んでいる方に読んでいただきたいメール講座を開催中です。


私自身の体験談も含むため具体的な内容は
個別にメールでお届けしています。


詳しくは下記の画像をクリックして下さい
メール講座


>こちらをクリック