どもらずにしゃべる練習はゆっくりと話そうと意識すること

【吃音改善】無料メール講座
私がどもらずに喋れるようになれた経緯を交えてお送りする吃音改善メール講座です。

どもらずにしゃべる練習はゆっくりと話そうと意識すること

実は、どもりで悩んでいる人たちは、
人前に出るのが恥ずかしいという人プライドが高い人
ほとんどなんだそうです。

 

 

元々の性格だからしょうがないと諦めている人もいるでしょうが、
しゃべる練習をすれば少しずつ改善されるようです。

 

 

しゃべる練習をする時には、
なるべくどもりを意識しないように姿勢をよくします。

そして、背筋を伸ばして話す相手をしっかり見て話します。
これをするだけでも気持ちが前向きになり、
声の出し方が変わってしゃべる練習になります。

 

 

また、しゃべる練習のコツとしては、
かなりゆっくりと話すことです。
どもりやすい人は、だいたい早口でしゃべっていることが多いです。

 

 

誰が聞いてもわかるくらいのスピードで、
ゆっくりと落ち着いて話すよう心がけましょう。

 

 

このような練習を毎日コツコツ続けていきましょう。
最初からすぐに結果は出てこないかもしれませんが、
あせらず地道にしゃべる練習をしていくことで、
人前でスラスラと話せるときがやってくるでしょう。

 

 

 

【無料】どもり改善メール講座

どもり・吃音で悩んでいる方に読んでいただきたいメール講座を開催中です。


私自身の体験談も含むため具体的な内容は
個別にメールでお届けしています。


詳しくは下記の画像をクリックして下さい
メール講座


>こちらをクリック