どもりを治す方法

【吃音改善】無料メール講座
私がどもらずに喋れるようになれた経緯を交えてお送りする吃音改善メール講座です。

どもりを治す方法について

そもそもどもりって何!?

 

言葉がうまく出てこなくなる現象をどもりといいます。
すべての言葉が出てこないわけではなく、”特定の言葉”が詰まって出てこなくなるような感覚です。

 

また、どもりは吃音(きつおん)とも言われることがありますが同じ意味を指します。
このサイトではどもりで統一しています。

 

 

 

人によって違うどもり

 

一言でどもりと言っても、人によって細かく違いがあります。

 

  • 最初の言葉だけが詰まって言えない
  • 人前でしゃべるときだけどもる
  • 自分の名前が言えない
  • た行が言えない
  • 無理に言おうとして、言葉を連発してしまう

 

 

 

また、一般的にどもりは、症状別に次のように分けられます。

 

  • 連声型(れんせいがた)…「あ、あ、あありがとう」と連続してしまう
  • 伸発型(しんぱつがた)…「こーーんばんは」と音が伸びてしまう
  • 無声型(むせいがた) …「……、はい。」と最初の言葉がでない

 

 

 

 

どもってしまうきっかけや原因というのは生活環境にあるとも言われます。

 

 

幼少期や小学生のころはどもりが出やすい時期ですが、
方っておいても治りやすいという特徴があります。
子供のどもりは80%が自然に治ります。

 

 

しかし、大人になってもどもりが治らない場合もあり、
その場合はなかなか完治しにくいという状況になってしまいます。

 

 

中には71歳で65年間どもりに悩まされてきたという方もいらっしゃいます。

 

ですが、完全に治らないというわけではありません。

 

 

 

どもりというのは、緊張してしまうとどもったり、
精神的な状態が深く関わっています。

 

どもりが起きてしまう仕組みというのは医学的に解明されてはいません。
ですが、現時点では脳の仕組みや個人の緊張しやすい性格なども関係していると言われています。

 

 

 

どもりを治すにはいくつかコツがあり、個人差があります。

 

当サイトではどもりを改善するための方法を
ご紹介していきますので、参考にいしていただければ幸いです。

 

 

【無料】どもり改善メール講座

どもり・吃音で悩んでいる方に読んでいただきたいメール講座を開催中です。


私自身の体験談も含むため具体的な内容は
個別にメールでお届けしています。


詳しくは下記の画像をクリックして下さい
メール講座


>こちらをクリック